カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声・レビューを見る サイトマップ
RSS

CAP!は、愛鳥さんとの楽しく愉快で快適な暮らしを
応援する「コンパニオンバード用品専門店」です!

愛鳥家御用達!

小鳥の快適用品必需品を豊富に取りそろえ♪ 

【06小さな折鶴】

CAP!商品ストーリー〜ひとつに十色の物語〜

【06小さな折鶴】


【トーヨー】おりづる


【トーヨー】小さいおりづる



imgrc0062407070.jpg
【トーヨー】折り札 花札柄



むかしむかし、あるところに
一羽の文鳥がおりました。

文鳥の体はとても小さく
何をするにも一苦労。

こんな小さな体では、どうせ自分は
何の役にも立たないんだと、いつしか
自信もなくしていました。

「体が大きければ何でも出来るのに」

そこで、いつか物語で見た「鶴」という
それはそれは、体の大きな鳥に
なりたいと神様のところへお願いにいきました。

「神様、神様どうか、おらを体の大きな鶴にしておくんなまし」

すると神様はいいました。

「お前を鶴にする事はできん。その代わりこの折り紙を
授けるから、毎日願いを込めて折り鶴をつくりなさい」

文鳥は不満に思いながらも聞きました。

「これで鶴を折り続ければ、おらも鶴になれるだか?」

神様はなにも言わずに消えていきました。

神様から折り紙を授かった文鳥は、毎日、毎日
願いを込めながら折り鶴をつくり続けました。

小さな体の文鳥が折る鶴はとても小さなものでした。

とうとう1000羽目を折り終えた時、折鶴たちは光り輝き
一斉に空へと飛び立っていきました。

その時、再び神様が現れこう言いました。

「今ならお前を鶴にしてやる事ができるが、どうする?」

小さな体の文鳥はこたえました。

「いいや、おらこのままでいい。こんな小さい体でも
頑張れば何かの役に立てるかもしれん」

文鳥の体は大きくなってはいません。
でも、心はとっても大きくなっていました。

神様は微笑み、なにも言わずに消えていきました。

CAP!商品ストーリー〜ひとつに十色の物語〜
そのほかのストーリーはこちら
http://torimura.com/hpgen/HPB/categories/17655.html

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100014020&eid=306